2009年09月20日

吸着すべり止めマット 初使用

今日、久しぶりに浴槽にお湯を張りました。

夏場はシャワーで済ましていたカズオさんの入浴介助ですが、
シャワー浴だけでは寒くなってきたので、湯船に浸かってもらうことにしました。

そこで、先日購入しておいた安寿の「吸着すべり止めマット」の登場です。
夏前に入浴していた際、カズオさんが一番恐怖に感じていたのが
浴槽内でツルツル滑ることでした。

一応、浴槽内では僕がしっかりとカズオさんをサポートしているわけですが、
やはり、ツルッと足を滑らすと恐怖におののいています。

てなわけで、早速使用してみることに。
サイズが2種類あったのですが小さい方のSサイズを購入していました。

kazuo 817.jpg

カズオさんが移動する範囲をカバーすればいいわけなんで、これで十分なはずです。
裏面は556個もの吸盤が付いているため、ズレる心配はありません。

但し、浴槽台(浴槽内の踏み台兼イス)がこのマットの上にくるため、
浴槽台の脚裏の吸盤は機能しなくなりました。
これを踏み台に浴槽内に入ろうとしたら早速この浴槽台が傾いてカズオさんが大パニック!

でも僕とユウのフォローで事なきを得、無事湯船に浸かることができました。
僕自身も介助しながらツルツル滑っていたのですが、この滑り止めマットは効果抜群です。

浴室内が狭い問題を除けば、これで快適な入浴ができそうです。


☆いつも温かいご支援ありがとうございます!ブログランキングに参加しています。
 クリックしてくださると励みになります!⇒ banner_04.gif にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
posted by マサユメ&ユウ at 20:03 | Comment(2) | 入浴介助 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年09月15日

言語リハビリでパニック状態

すっかり涼しくなりましたね(って大阪は)
それでも粘って鳴いているつくつくぼうし(笑)

こういう季節の変わり目は体調を崩しやすいので注意が必要です。
やはり室温調整が難しいですね。昼夜の気温差が大きいので気を付けなければ。

カズオさんは最近冷えるせいか、部屋の窓を開けさせてくれません。
便秘中は香り高いオナラが充満するので大変です(笑)

夏場は着替えや換気が楽にできますが、これからの寒い時期は苦労しますからねぇ…

さて、先日の嚥下リハビリのことです。
最近慣れてきたこともあり、徐々に難易度が高くなっているような気がします。

いつも通り、先生に続いてカズオさんが発声します。
「タンタカ タカタン タンタカタン…」(汗;)
カズオさんはいっぱいいっぱいになりながら何とか付いて行きます。

kazuo 753.jpg

そして先生がプリントを出してきて、より難易度の高いものを読上げます。
すると、ついにカズオさんは頭の中が混乱しブチ切れてしまいました。
「アナウンサー志望でもないのに、そんな難しいのは読めません!」

目が見えないので、先生が発する言葉を集中して暗記しなくてはいけません。
さすがのカズオさんも、長文になると頭が混乱するようで、ショートしてしまったんでしょう。

もちろんすぐに先生は訓練する内容を変更されました。
その後は、機嫌を取り直して、大好きな「赤とんぼ」を熱唱していました。

リハビリも苦痛にならないように、本人の様子をよく観察しながら行わねばなりませんね。
カズオさんも負けん気が強く、結構意地になるタイプですから(笑)


☆いつも温かいご支援ありがとうございます!ブログランキングに参加しています。
 クリックしてくださると励みになります!⇒ banner_04.gif にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
posted by マサユメ&ユウ at 11:53 | Comment(2) | リハビリテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年09月08日

安寿 吸着すべり止めマット 購入

9月に入り、日中はまだまだ残暑厳しいですが、朝晩はすっかり秋めいてきましたね。

夏場のカズオさんの入浴はシャワーのみで済ましています。
でもそろそろ湯船に浸かる時期が近づいて来ました。

浴槽内は僕が一緒に入り介助していますが、カズオさんは底面でよく足を滑らせていました。
「おぉぉ〜怖い〜」とビビる父カズオ。足を滑らせると全身に力が入り、身体が硬直するんです。
それで余計に介助しにくくなります。

そこで今回取り入れることにしたのが、浴槽内の滑り止めマット。
ケアマネさんに相談して、カタログを見ながらこれに決めました。
安寿の「吸着すべり止めマットS」です。色はピンクにしました。

kazuo 813.jpg

こちらの商品は、介護保険の適用がされず、実費負担となります。
この商品は税込みで3400円でした。

サイズはいろいろあるんですが、浴槽の底面のサイズを計測し、検討した結果、55cm×36cmのタイプに決定しました。カズオさんが実際に足を着ける場所を想定して、これで十分だという判断です。

kazuo 814.jpg

マットの裏面には、なんと556個の吸盤が付いています。
表面にも滑り止めのシボ加工が施されているので安心です。

kazuo 815.jpg

カズオさんだけでなく、僕もよく滑っていたので、これは助かります。
無理な体勢で介助していると、バランスを崩しやすくします。
介助している僕が転倒したら、もちろんカズオさんも巻き込んでしまいますので大事故につながります。

この滑り止めマットの導入で今まで以上に快適で安全なな入浴介助ができそうです。
今週末から来週に掛けて、湯船に浸かることになると思いますので、また使用レポートしたいと思います。


☆いつも温かいご支援ありがとうございます!ブログランキングに参加しています。
 クリックしてくださると励みになります!⇒ banner_04.gif にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
posted by マサユメ&ユウ at 11:12 | Comment(4) | 福祉用具購入 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年09月03日

「赤とんぼ」を熱唱

朝、ゴミ収集車がBGMを流しながら廻ってきます。

我々が住んでいる地域では、童謡の「赤とんぼ」が流れます。
朝から「赤とんぼ」が流れているのは少し変ですが、カズオさんはしみじみと聞いています。
「これを聞くと小学生の頃を思い出すなぁ…」と哀愁を漂わせながら。。

そこでカズオさんは「赤とんぼ」川柳を作りました。

『赤とんぼ 聞くたび心 秋夕景』

ところで、このゴミ収集車のBGMは地域によって違うみたいですね。
大阪では「赤とんぼ」以外に「小鳥が来る街」という曲もあります。
みなさんの地域はいかがですか?



そんなことを言ってたら、夕方の嚥下リハビリの時のことでした。
いつも先生がカバンの中から歌詞カードを出して来られて、一緒に歌を唄うんですが、
偶然にも今日は「赤とんぼ」だったんです。

興奮したのは僕でした(笑)

「赤とんぼ」は4番まであるんですが、カズオさんは1番しか知りませんでした。僕もですけど。
先生の後を追いながらみんなで大合唱です♪

カズオさんの楽しみがまた一つ増えました。
「赤とんぼ」をフルコーラス唄うことです。
しばらくの間、「赤とんぼ」の特訓が続きそうです。


☆いつも温かいご支援ありがとうございます!ブログランキングに参加しています。
 クリックしてくださると励みになります!⇒ banner_04.gif にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
posted by マサユメ&ユウ at 00:00 | Comment(1) | リハビリテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年09月01日

要介護者・障害者の選挙、投票について

8月30日は衆院選、世間では政権交代が叫ばれる中、多くの国民が高い関心を寄せる選挙となりました。もちろん有権者として、我々家族も投票に行きました。

しかし、問題はカズオさんです。盲目のため字が書けません。

そこで、何か良い方法はないものかと事前に市の選挙管理事務所に電話で問い合わせてみました。
広報をみる限り、要介護度5、重度の障害者が郵送による投票が可能です。

カズオさんは要介護度4、視覚障害2級です。上記の方法が適用できるか尋ねてみました。
結果はノー。

結局家族そろって投票所に出向くことになりました。
我が家は団地の3階なので、車いすの上げ下げが大変です。
最近介助用の新しい車椅子に変更したばかりなのですが、これがかなり重い。

そしてカズオさんをおんぶして階段を上り下りします。
息をハァハァさせながら頑張り増した(汗;)
その時に思ったんですが、これは介護者が女性や高齢者だと無理だなって…

ヘルパーさんやボランティアの人達にお願いする方法もあるんでしょうが、
そこまでするぐらいならもういいか…と、投票を諦めたお年寄りも多いことでしょう。

投票してくださいと言うのなら、要介護者や障害者が支障なく投票できる環境を作ってくださいと逆に言いたくなりますね。

投票所は、徒歩2〜3分の距離にある廃校になった小学校の講堂でした。
校門から一番遠い距離にあり、ガタガタの運動場を横切りながら歩きます。

投票所のある行動にたどり着いたのはいいんですが、スロープがなく階段しかありません。
バリアフリーも何もあったもんじゃありません。せめて簡易スロープぐらいは用意しておいて欲しかったです。

kazuo 812.jpg

中に入って選挙管理委員さんに助けを求めると、男性の方が二人掛かりでカズオさんごと車椅子を持ち上げ、階段を上がってくれました。

カズオさんが盲目の旨を伝えると、代理投票をすることになりました。
代理投票とは、カズオさんが口頭で述べる候補者を投票用紙に記入する人と、それを不正なく行われているかチェックする二人の選挙管理委員さんで行います。

何とか無事に投票を終え帰路につきました。

途中たくさんのお年寄が投票しに来られていました。
杖を付いてヨロヨロ歩いているおばあさんや、どうしていいかわからなくてオロオロしているおじいさん、
しかし、選挙管理委員の人達は手を差し伸べるわけでもなく、機械的に案内しているだけで、
正直、対応の悪さに「どうかなぁ…」と感じた次第です。


☆いつも温かいご支援ありがとうございます!ブログランキングに参加しています。
 クリックしてくださると励みになります!⇒ banner_04.gif にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
posted by マサユメ&ユウ at 12:03 | Comment(4) | 高齢者ケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。