2008年11月11日

今日は介護の日(part1)

今日は11月11日(いいひ、いいひ)介護の日。
今年より制定されたからか、2つのニュースで介護のお話が流れていました。

1つ目は日本の介護福祉士になる為、インドネシアから200人の方が
海を渡り日本へやってきたお話。彼らは まず日本語の勉強を1日5時間。
それを半年間続け、そこから3年ほど介護の勉強をし、国家試験を受け
合格した方だけが日本に残り、介護福祉士になれるという
とても過酷且つ、高齢化社会の日本にとっては とても有難いお話でした。

日本語を喋るだけでなく、ひらがな・カタカナ・漢字の全てを勉強し
読み書きができるように訓練されていましたし、
介護福祉士になる為の勉強は難しい専門用語がびっしりだと思いますので
日本語を覚えるだけでも大変でしょう。

しかしながら、勉強に励んでいた20代後半の男性は
インドネシアで学生結婚をし、奥様とお子様がいらっしゃるとのことで
家族を食べさせる為に、どうしても介護福祉士になりたいと
おっしゃっていました。どうも日本で介護福祉士になると
インドネシアで一般的に貰える給料の10倍ぐらいになるそうで。。
でも頑張って日本語を覚え、難しい試験に合格した皆さんは
恐らくお給料の面だけでなく、きっと介護の魅力を掴んでくれる筈です。

つづく・・・


☆いつも温かいご支援ありがとうございます!ブログランキングに参加しています。
 クリックしてくださると励みになります!⇒ banner_04.gif にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

posted by マサユメ&ユウ at 00:00 | Comment(0) | 介護の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。