2009年03月29日

介護・福祉ロボット登場?

今朝の読売新聞朝刊に、経済産業省が、介護・福祉ロボットの実用化を支援するという記事が掲載されていました。

どうも、介護・福祉現場の人手不足を補うのが目的のようですが、果たしてロボットにそんなことができるのか?疑問です。

指示すれば物を運んでくるタイプ、人の移動を助ける車いすタイプなどを集中的に支援するとのことですが、ロボットの性能、使い方など、詳細がわからないので何とも言えません。ただ、介護というものは人それぞれの状態に合わせて行うものだと思うので、本当にロボットが対応できるのか?というのが僕の本音です。

それなりに高性能のロボットになれば、開発費はもちろん、制作費も高額になるでしょうし、全ての施設に導入するとなれば大掛かりなプロジェクトになるので、実現は難しいのではないかと素人なりに考えてしまいます。

そのような予算があるのならば、介護職者の賃金をはじめとする職場環境の整備を行い、離職率を下げるとか、介護職の人手が集まる工夫を施した方がいくらか効果的ではないかと思ってしまいます。


☆いつも温かいご支援ありがとうございます!ブログランキングに参加しています。
 クリックしてくださると励みになります!⇒ banner_04.gif にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

作業療法士 国家試験
posted by マサユメ&ユウ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 介護の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116433682

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。